マ、が怖い

0001題

こんにちは。
株式会社スピーチジャパン
代表取締役 三橋泰介です。

会話をしているときに

=======================

「間」(ま)が出来てしまうんです・・・

=======================

と相談されます。

こういう質問もされます。

=======================

「アナウンサーさんのように
「間」を作らず、
流れるようなトークをしたいんです!
どうすれば良いでしょうか?」

=======================

間(ま)については
女性作家の中山庸子さんは
「沈黙」について次のように書かれています。

=======================

「恋人同士でも、友達同士でも
「沈黙」を怖れず、ふたりの間を横切る
「天使」の姿を眺めてみる。
それも静かな会話のひとつと考えても
いいのではないでしょうか。」
(いい会話はいい女をつくる・三笠書房)

=======================

間(ま)を楽しむぐらいの気持ちが大切。
間(ま)があることも、会話であると
きちんと認識すること。

流れるようなトーク、というと
何か喋りまくっている印象があるかもしれませんが、
実は

=======================

「喋らない」ことで
主張が生まれることも多くあります。

=======================

会話というものは
「発言しない」態度を示すことで
自分の意志を相手に伝えることも出来ます。

喋らないことも会話。
「間」(ま)ができることも会話です。

ですから
「間(ま)ができてしまった・・・」と
思うのではなく、

=======================

間(ま)ができました。
お互いゆっくり次の話題まで考えましょう

=======================

ぐらいの意識でOKです。

追伸

お金のことなら、青柳さんです。

http://bluestone-ac.com/item/87296/10080/

人前で「話して」「稼ぐ」方法 無料動画セミナー

メールアドレス  例)info@bizsp.net
お名前(姓)  例)山田

※ご登録いただいた「お名前」「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。
※スパムメールの類は一切送りませんで ご安心ください。※ 購読中止・解除はいつでも行えます。
※【特別音声】&【人前で「話して」「稼ぐ」方法】(無料メール講座:全15回)を終了後も、起業や集客に役立つ情報・特典を無料で 配信いたします。