まを大事にしよう

0001題

こんにちは。
株式会社スピーチジャパン
代表取締役 三橋泰介です。

話し方において、
「緩急」や「間」は重要なポイントです。

=======================

マシンガントークで
喋りまくると、
相手が「話す」スペースがなくなって
豊かな会話にならない

=======================

ということが起こります。

1対多で喋る
スピーチやプレゼンテーションにおいても
同じことです。

適度に「間(ま)」があるか、ないかで
満足度が全然違います。

スピーチ・プレゼンテーションにおける
「間(ま)」とは
例えば

=======================

「このテーマについて
あなたは、どう思いますか?
・・・
・・

どうです?」

=======================

と「質問を投げかける」ことも
意図的にスピーチに「間(ま)」を
作り出していること。

話を「片付けている」「整理している」
ことになるんですね。

こういうスピーチ・プレゼンテーションが
できれば、参加者に
考える機会が生まれ、
そして満足度が高まるのです。

話が飛んでしまったり、
バラバラになってしまったりする方は、
ぜひ一度

=======================

「話す内容を「片付けて」スペースを作る」

=======================

ことをおすすめします。

追伸

占いは儲かります。

http://mgep.net/l/c/wmk3D6fb/QyMLtOJD/

人前で「話して」「稼ぐ」方法 無料動画セミナー

メールアドレス  例)info@bizsp.net
お名前(姓)  例)山田

※ご登録いただいた「お名前」「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。
※スパムメールの類は一切送りませんで ご安心ください。※ 購読中止・解除はいつでも行えます。
※【特別音声】&【人前で「話して」「稼ぐ」方法】(無料メール講座:全15回)を終了後も、起業や集客に役立つ情報・特典を無料で 配信いたします。