アメリカにあって、日本にないもの

無題

こんにちは。
株式会社スピーチジャパン
代表取締役 三橋泰介です。

アメリカをはじめとする欧米ではプレゼンの上手い方が多く、
なぜ日本人は苦手なんでしょうか??

もともとの国民性の違い???
確かにそれもあるでしょう。

が・・・

一番の違いはそこではありません。
はい。
そこじゃないんです。問題は。

では、アメリカと日本のプレゼンに関する違いは何か?
それは・・・

================
子供の頃の過ごし方の違い
================

なんです。

あなたがひょっとしたら苦手としている人前で話すスキルというのは、
「幼少期」に原因があるんです。

これはつまり、どういうことか?
ずばり「教育の違い」です。

小学校・中学校における「学校教育」が一番の問題です。

おいおい、大きなところにツッコむね~と思われたかもしれません。
でも事実です。

端的に言うならば、アメリカと日本の学校教育の違い。それは

================
アメリカはプレゼン・スピーチの
授業がある。
日本は、無い
================

ということなんです。

アメリカでは小さい時からプレゼンテーションの授業があり
教科書があり先生がいます。
つまり、基礎となる理論を学んでいるんですね。

もちろん、アメリカ人の中にも人前で話すことを苦手としている方は
多くいますが、日本とはその比率が全然違います。

一方の日本では小学校、中学校で「話す」授業はありません。

一部、私立の学校では存在するようですが公立ではありません。
逆に、増えているのが「パソコンの授業」なわけです。

パソコンの授業を否定するつもりは全くありませんが、
なぜ、プリミティブな能力である「話す」ことを教えないのか不思議です。

ですから、我々は人前で話すことが苦手になっていき、
一部の才能のある人だけが目立つようになります。

私は常々

================
「話し方」に一切、才能は必要なし
================

というモットーを貫いています。

才能ではなく「単なるスキル」に過ぎないと。

でも、
「上達の方法がわからない」
「練習の仕方がわからない」
「なにから手を付けたら良いかわからない」

そういった悩みを解決していきたいと本気で思っています。

================
★ シェア大歓迎です!!
★ 「売れるプレゼンテーション」を学べる
 三橋泰介公式メールマガジン&90分の動画プレゼントはこちら。
⇒ http://www.bizsp.net/4rc05159
おかげさまで、55000人以上の方がご購読いただいています!

人前で「話して」「稼ぐ」方法 無料動画セミナー

メールアドレス  例)info@bizsp.net
お名前(姓)  例)山田

※ご登録いただいた「お名前」「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。
※スパムメールの類は一切送りませんで ご安心ください。※ 購読中止・解除はいつでも行えます。
※【特別音声】&【人前で「話して」「稼ぐ」方法】(無料メール講座:全15回)を終了後も、起業や集客に役立つ情報・特典を無料で 配信いたします。